脂質異常症について

 
  

脂質異常症とは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が過剰に多い、または善玉コレステロールが 少なくなっている状態をいいます。
自覚症状がないため、気がつかず、そのまま放置しているいらっしゃる方がほとんどです。
脂質異常症を放置しておくと脂質がどんどん血管の内側にたまり、やがて動脈硬化を引き起こします。
そして、心筋梗塞や脳梗塞の発作を引き起こす原因となります。
動脈硬化を進行させる因子には、他に、高血圧や糖尿病、喫煙、家族の既往歴などがあります。   
近年では、これらの中でも脂質異常症が動脈硬化の最大の要因であると言われています。
血液中の脂質が増え、そこに過剰な塩分などが加わることにより動脈硬化はゆっくりと進行します。
この状態を放っておくと、血管はさらに狭くなって、血流が悪くなり、 時には完全に血流が止まり、 やがては心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすことになるのです。
脂質異常症にならない為には日頃から正しい食生活、適正体重の維持、禁煙、適度な運動などに 心がけることが大切です。  
生活習慣を改善することによって、血中脂質を下げるだけではなく、動脈硬化が進むのを防ぎます。




食べ過ぎに注意脂分・糖分の摂り過ぎに注意過度の飲酒は控える