HOME
  心筋梗塞
  不整脈
  高血圧
  動脈硬化
  脂質異常症
  コレステロール


  狭心症の血管の図


狭心症


狭心症とは

冠動脈が何かの原因で狭くなり、心筋に送り込まれる血液が不足し、酸素不足に陥った状態です。
心臓の栄養補給血管である冠動脈が狭くなると、心筋に送り込まれる血液が不足し、心筋が酸素不足になってしまいます。
酸素不足になった結果、生ずる胸の痛みが狭心症の痛みです。 狭心症は走ったり(速足で歩く)階段や坂道を登ったとき、ひどく興奮したときなどに、胸部の中央が締め付けられたり 何かで強く押しつけられるような圧迫感がでてきます。
この症状は少し休むとおさまってしまうのが特徴です。
痛みは時によって左肩・腕・顎部や、みぞおちに胃痛のような痛みを感じることもあります。
痛みを感じる場所はあまりはっきりしないことが多いようです。(人によって色々です)
症状が出ている時間は数十秒から数分です。
症状がなくとも定期的に専門医の検査を受けましょう。