免疫力が低下すると肺炎球菌感染症にかかりやすい

  肺炎球菌は鼻やノドの奥につきやすい細菌ですが健康で体力のある状態であれば、免疫力がある
  ために感染症を引き起こすことはあまりありません。
  しかし、体調不良の時とか、何らかの原因で免疫力が低下していたり、かぜをひいた後などに
  肺炎球菌による感染症を発症することがあります。
  肺炎球菌による感染症は肺炎、髄膜炎、菌血症/敗血症、中耳炎、などがあります。
  肺炎球菌による感染症にかかりやすいのは、5歳未満の乳幼児や65歳以上の方です。
  65歳以上の方は免疫力が低下し始めていますので感染リスクが高まります。


   肺炎はもう、他人事ではありません
   元気な今こそ予防です


肺炎は日本人死亡原因第3位です