禁煙外来について

 
  

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。
医師のサポートを受けながら、禁煙を続けてみませんか?
当クリニックでは、、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、あなたの禁煙をサポートします。
禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、医師に相談ができ、診察を受けられるので、禁煙治療を続けられます。
また、条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療ができます。
禁煙治療は健康保険等が使えます。
ニコチン依存症は病気であるということが認識され、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。
その条件とは、次の4項目です。
① ニコチン依存症の判定テストが5点以上であること
② 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上であること
      35歳未満の方はこの要件は不必要です
③ 直ちに禁煙を始めたいと思っていること
④ 禁煙治療を受けることを文書で同意していること
過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。



  健康保険等が適用される条件

ニコチン依存症診断テストで
5点以上あること
一日の平均喫煙本数
× 喫煙年数が
200本以上であること
禁煙をする意思があること 禁煙外来を受けることが
文書で同意してあること

        ※ 項目については35歳未満の方はこの要件は不必要です


 ニコチン依存症チェックで合計点が5点以上であること ※最終的なチェックは医師が行います。
 前回の治療の初回診療日から1年経過していること。



  ニコチン依存症チェック(5個以上が依存症)

Q1  自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか
Q2  禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか
Q3  禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか
Q4
 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。

   イライラ ・眠気 ・神経質 ・胃のむかつき ・落ち着かない ・脈が遅い ・集中しにくい
   手のふるえ・ゆううつ ・食欲または体重増加 ・頭痛

Q5  タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
Q6  上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか
Q7  重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか
Q8  タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか
Q9  自分はタバコに依存していると感じることがありましたか
Q10  タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか